診療に対する考え

モットー

近年、口腔内の健康や衛生を保つことは単に歯を守るためではなく、糖尿病や誤嚥性肺炎などの高齢者に多い全身疾患を予防するうえでも必要であることが明らかとなってきました。当院では、歯や歯ぐきのみに限定して考えるのではなく、口腔そのものを体の一部分としてとらえ、全身との調和を大切にしながら治療を進めることをモットーとしています。その過程で不定愁訴や肩こり・全身の不調等、歯科とは関係ないと思われていた機能が回復することも多々あります。「お口の中から全身の健康を考える」のが当院の診療スタイルです。

一般歯科はもちろんのこと、バネがなく使いやすい特殊な入れ歯や矯正歯科・審美歯科・顎関節治療等高度な治療まで幅広く行っております。とくに、高齢者の方・機能障害をお持ちの方を対象に、嚥下・飲み込み訓練を積極的に行っており、口腔及び周辺機能回復に関してめざましい成果を上げています。どのようなことでもお気軽にご相談ください。

歯科医師になった経緯

私は、医院のあるこの本庄市で生まれ育ちました。医師である母は、私が幼い頃からずっと気づけば昼夜問わず患者さんを診ていました。急患の電話が入れば夜中でも往診に行ったり、家族だんらんの最中でも患者さんがくればすぐさま対応したりと、常に責任感と情熱とをもち仕事にあたる姿をみていたので、子どもごころに人の役に立てる医療職というのは立派な仕事なのだと思うようになりました。私自身、手先が器用なこともあり、また細かな作業が好きでしたので、医科ではなく歯科の道に進みましたが、根底には「母のようになりたい」という思いがあったといえるかもしれません。

今後の展望

医院があり、また私が生まれ育った街でもある本庄市は、近年ことのほか高齢化が進んでいるように思われます。長寿高齢化は喜ばしいことでありますが、知識不足や介護負担などの理由から充分な口腔ケアができておらず、結果として「自分でしっかりと食べ物を食べる」ことができなくなっている方が増えてきているように思います。
そのため当院では、そういった方はもちろんのことご家族や介護者も対象に、正しい歯科治療の受け方や口腔ケアの方法などをお伝えする活動を行っています。今後は一層活動の場を広げ、地域の皆さんの健康の維持増進の一翼を担っていきたいと考えております。

本庄に開院した理由

歯科医師になった当初より「いつかは開業したい」と考えておりました。そして、開業するのであれば生まれ育ったこの本庄をおいてほかにはないと思っていましたので、自然の流れに従うようにし、この土地で開業しました。現在は、年に一度の「本庄祭り」をはじめとするさまざまな地域行事に参加するなどして、歯科治療以外にも地元への積極的な貢献を行うようにしています。

当院の診療の特徴

全身の調和を大切にして治療を行います

口腔内と全身の間には密接な関係があります。とくに高齢者になると、生活習慣病をはじめとする各種疾患を併発しやすいため、全身状態をみながらの治療は欠かせません。当院では、お口の治療のみならず全身の機能回復をも視野に入れた治療を行っています。

「安心して噛める入れ歯」を作ります

これまで「噛めない入れ歯」で悩んでいたけれども、当院で適合のよい入れ歯を作ることで安心して噛めるようになったという方が多くいらっしゃいます。「入れ歯は痛いからいや」という方でも一度ご相談いただければと思います。

顎関節・噛み合わせ診断に力を入れています

顎関節や噛み合わせというのは、お口の機能にとっては土台のようなものです。この部分がしっかりしていなければどのような治療を行ってもしっかりと機能することはありません。土台部分の診療をとくにしっかり行うことによって、将来の長きにわたり安定して機能するお口の状態を作り出していきます。

アレルギーにも配慮しています

金属を用いた詰め物が原因で、全身にアレルギーを引き起こしていることがあります。当医院では常に体の安全を考慮し、金属を使わない治療も行っております。

顎関節症について

両耳の前に位置しお口の開閉を行う顎関節は、噛み合わせやいろいろな原因によって、痛みや違和感といった症状を引き起こしやすく、場合によっては全身の不調に繋がることさえあります。「お口を開けたときに痛みがある」「顎のあたりから音が鳴る」「大きな口を開けられない」「噛むと痛い」といった症状がある場合は、顎関節症である可能性があります。放置するとどんどん悪化することがありますので、早めの受診をお勧めします。

詳しくはこちら

入れ歯(義歯)

入れ歯は、製作方法や素材によって全く仕上がりが異なることをご存じない方は意外なほど多いようです。当院でお作りする「特殊義歯」には下記のような特徴があります。

当院の特殊義歯の特徴

  • 金属のバネの部分が見えないため安心して食事や会話を楽しめる
  • 「上下顎同時印象法」で、より自然歯に近い噛み心地が得られる
  • アフターフォローが細やかなので、破損を防ぎ長持ちさせることができる

一般歯科

当院では、「歯が痛い」「歯ぐきが腫れている・出血している」「歯が抜けてしまった」「なんだか口臭が気になる」といった一般的な歯科治療にも対応しています。緊急性の高いものを除いて、こういったトラブルは進行が緩やかであるため重要視されませんが、放置すると、歯周病や重度むし歯を引き起こし、最終的に歯を失ってしまうことにもなりかねません。症状がある方はもちろんですが、症状がなくても年に一回は定期検診での来院をお勧めします。

嚥下障害

嚥下障害(えんげしょうがい)とは一言でいうと、「飲み込むときに生じる種々のトラブル」をさします。「ものが飲み込めない」という症状はもちろんのこと、「飲み込みづらい」「唾液が出にくい」「むせやすい」といった症状がある場合も、嚥下障害の可能性があります。嚥下障害を放置すると、誤嚥性肺炎などのリスクが高まるだけでなく、栄養状態が悪くなったり口腔機能が低下したりすることが考えられるため、放置すべきではありません。

詳しくはこちら

審美歯科

当院の審美歯科の考え方は、「その方にとってもっとも自然な歯列を」というものです。お顔に個性があるように、口の中の特徴も一人ひとり異なります。例えば不幸にして歯が失われてしまった場合でも、まるでもともとあった天然歯と同じような色・形・機能の歯を再建することが、当院の審美歯科の考え方です。不自然な形、人工的な色はできるだけ用いないようにして、できるだけ自然で周りの人に気づかれない治療をめざしています。見た目の美しさと機能の両方を兼ね備えたのが当院の審美歯科です。

金属を使わない治療

銀歯や銀の詰め物などのお口の中に使われている金属の素材は、体質によっては湿疹・アトピー・かぶれ・吹き出物や不眠などの症状を引き起こす可能性があります。口の中の金属は、治療後長い期間を経て唾液とともに溶け出していき全身に吸収されていくので、場合によっては知らぬ間にこれらの症状に悩まされている場合があります。金属アレルギーがない方であってもこういった症状を引き起こすことがありますので注意が必要です。

矯正歯科

当院では、月に一度矯正を専門とする歯科医師が来院し矯正治療を行っています。当院の矯正治療の特徴は、顎関節を含めた全身状態を考慮する点にあります。矯正のドクターと院長がディスカッションを行い、その方にとって一番いい歯並びや噛み合わせを考えて治療を進めていきます。歯を並べたら終わりという治療ではなく、その後の人生でより長持ちする、噛みやすい歯列になるよう、治療後も院長が責任を持って治療を引き受けていきます。

飯塚歯科医院 Tel.0495-24-6166
ご予約・ご相談はこちらまで 0495-24-6166 アクセス
口腔機能訓練の症例 研究発表 講演会報告
飯塚歯科医院のFacebook 院長先生の小部屋
Iizuka Dental Office 埼玉入れ歯.com