授乳と口腔について

歯ならびと哺乳に、実は深い関係があるのをご存知ですか?

美しい歯ならびと正しいかみ合わせのためには、舌やアゴのトレーニングがとても大切なのですが、普段何気なく行っている人工哺育が、将来の口腔機能や歯ならびに大きく影響しています。

最近の若者には、歯並びの悪い人が増えているようです。
その原因の多くは人工哺育(哺乳保育)にあります。
長い人類の歴史の中で、人工哺乳が行われるようになって100年が経過し、人間の顔の形に変化が出てきました。その変化は進化ではなくアゴの退化、ひいては知能の発達を妨げるものです。

哺乳の目的は単に栄養の補給だけでなく、人が生きていくために必要なエネルギーの取り口である「口」の成長を促し、歯や歯ならびを正常に発育させること。
また、脳や顔の形成のためにアゴの筋肉を育て、知能を正常に発達させることでもあります。
哺乳の際のアゴや舌を動かす力が、正常なアゴや歯ならびを育てるのに必要なのです。力が要らない哺乳では正常なアゴや歯ならびは形成されません。

人工哺育でも母乳による哺育と同じ行動のできる乳首を選ぶことが必要です。
そのカタチ、穴の位置が赤ちゃんの口の中でのお母さんの乳首に近いものなら、母乳哺育と同じアゴや舌の動きを促すことができます。
将来健康で歯ならびの良い子供に育てるために正しい哺育を行ってあげてください。

飯塚歯科医院 Tel.0495-24-6166
ご予約・ご相談はこちらまで 0495-24-6166 アクセス
口腔機能訓練の症例 研究発表 講演会報告
飯塚歯科医院のFacebook 院長先生の小部屋
Iizuka Dental Office 埼玉入れ歯.com